【コミック】東京喰種:re 1巻がボリューム感たっぷりで面白すぎる


東京喰種=トウキョウグール と読みます。
「東京喰種:re」は「東京喰種」の続編(第二部)。
人間と人間を食べないと生きていけない「喰種」との戦いや葛藤を描いた物語です。
「喰種」特有の「赫子(かぐね)」という臓器(武器)を移植された主人公が人間と喰種の狭間で戦ったり○○されたりするんだけど、この「赫子」の種類というか系統の設定が秀逸で、キャラクターを際立たせるのに一役買ってます。
HUNTER×HUNTERの念能力6系統に通じるわくわく感。
ほんとよく考えたなあ。
bikaku
「赫子」の種類は、羽赫(うかく)・甲赫(こうかく)・鱗赫(りんかく)・尾赫(びかく)の4種類。
それぞれがジャンケンの手のように得意・不得意の関係にある。

東京喰種トーキョーグール コミック 全14巻完結セット (ヤングジャンプコミックス)

新品価格
¥7,801から
(2015/1/31 19:34時点)


第一部はコミック全14巻。程よい量でテンポ良く読めます。
1巻~5巻くらいまでは頼りない主人公と大人気ないヒロインに「何コレ」って思うかもしれないですが、主人公が○○される7巻からは急展開です。
前半の「何コレ」が逆に活きてきます。

東京喰種トーキョーグール:re 1 (ヤングジャンプコミックス)

新品価格
¥555から
(2015/1/31 20:00時点)


第二部はタイトルに「:re」が付いてフォントも明朝系からゴシック系へ。
主人公が喰種捜査官(喰種を駆逐する人)になってからのお話です。
1巻が既に発売されていますが、よくぞここまで凝縮したなという感じ。(それでいて急すぎず心地良いテンポ)
ボリューム感たっぷりで飽きさせません。
絵柄も安定してきましたし、今後の展開が非常に楽しみです。
paki
主人公が本気を出すとき↑こうやって指を鳴らします。
キルアパパみたい。
 
関係ないけど「東京喰種」って打つのめんどいよね。
くいたね → 喰い種 → カーソル戻して「い」を消して → 喰種
ファンは辞書登録推奨です。w
 
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>