経済評論家の藤巻健史氏、来たる日銀の出口戦略失敗に向けて暗号通貨(仮想通貨)およびドルでの資産リスクヘッジを説く


経済評論家・参議院議員である藤巻 健史氏が来たる日銀の出口戦略失敗の”Xデー”に向けて暗号通貨(仮想通貨)およびドルでの資産リスクヘッジを説いた。
氏は兼ねてより円暴落によるハイパーインフレーションの危険性を主張してきた。
今後の日銀の金利政策や日本経済を鑑みるに、貯金一辺倒の”常識”から脱し、投資や資産分散によるリスクマネジメントを考え実行する時なのかもしれない。

”資金繰り倒産の危機です。日銀は莫大な量の国債を持っていますから巨大な評価損です。(中略)外国人は時価評価するでしょう。円暴落でHインフレです。”

”ドルと仮想通貨保有は保険として保有すべき”